スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【入居前web内覧会】和室

Category : 入居前web内覧会
お盆明けの月曜日、房総では朝から雨が降っています。

みなさんはどんなお盆を過ごしましたか? わが家では、わが家が実家であって(夫の両親はすでに他界しているのです)わたしの実家もすぐ近くにあるため、帰省や旅行などはしませんでした。

その代わり盆棚をつくり、お墓参りをし、迎え火を焚いて、日替わりでお迎え団子やらおむすび、素麺を備え…送り火をし……簡素ながら一通りのならわしをしました。一歳半の娘もちゃんと仏壇に向かって「なむなむ」ついでおりんを「チーン」。大人のすることをよく見てるよなー。



*****



というわけで、今回は仏間でもある和室のご紹介です。

わが家の和室は小上がりになっていて、リビングの隣にあります。リビングとの間のドアは、3枚建ての片引き戸。当初は片面生地張りの戸襖にするつもりだったのですが、確か仕様が合わないという理由から、ごく普通の洋風建具になりました。

1-DSCF2160.jpg

ちなみに、小上がりの高さは22cm。手すりに頼らずとも昇降でき、かつちょっと腰かけるにも便利な高さです。このドアを開けると……

1-DSCF2161.jpg

く、暗い……w 残念な写りの画像しか残っていませんでした。現場用の仮設トイレも見切れてるしwww
えーと、この写真ならわかるかな?和室の広さは4.5畳。大壁和室という名の現代風(なんちゃって)和室です。

1-DSCF2162.jpg

目を引くのは、壁紙の色と窓の高さでしょうか。
実は、夫とわたしは金沢 兼六園中にある成巽閣の“群青の間”が大好きで……

20120112081453efc.jpg
画像お借りしています

“群青の間”ほどあざやかでなくとも、深い色合いの和室をつくろう! と、紺色の壁紙を選んだのでした。

ちなみに、旧居の床の間の壁紙も深い紺色でした。紺色と、少しメタリックな紺色が市松模様になっている壁紙はとてもかっこよくーーむしろ同じものでいいんじゃない? とあれこれ探したものの見つからず(写真を発掘できた暁には、参考としてアップしようと思いますので、気長にお待ちください)。


1-DSCF2164.jpg

合わせた天井は焦げ茶色。何模様というのか、編んだような柄(地模様)がついています。
(ちなみに、記事中ではこの画像がいちばん実際の見え方に近いです→色の話)

照明は和室用ダウンライト4灯。画像では24時間換気の吸気口と火災報知器が目立っていますが、今は吸気口がマットな黒に、報知器は明度の低いベージュのものに交換されています。


1-DSCF2165.jpg

照明スイッチは神保電器 NKシリーズのもの。リビングから入って右手側の壁につけています。2箇所設けたコンセントも、同じNKシリーズのソフトブラック色にしました。


1-DSCF2163.jpg

リビングから見た写真を今いちど。

畳は縁なし畳で、本物のいぐさで編んだものです。半畳タイプのものを市松模様に敷くのもすてきだな…と思いましたが、寝転んだ時の安心感を優先させ、通常の大きさにしました(→これは正解でした)。

2面に設けた地窓は、畳の上を風が流れてとても気持ちがいいです。大工さんには「普通、和室の窓の高さって……だけど、ほんとにこの高さでいいの?」と何度も念押しされましたが、初志貫徹してよかったです。

風だけではなく目線も抜けるので、開放感も吉。画像ではむきだしの地面が見えていますが、今は裏山と下草の緑がみずみずしく、紺色の壁紙とのコントラストが目に美しいです。


そして、先ほどから気になっている方もいらっしゃるかと思いますが……

1-DSCF2166.jpg

押入れのふすま。ナチュラル色の枠に、シャイングレーの引手がついています。これは仮で、現在は黒い枠、黒い引手のものに交換されています。


1-DSCF2168.jpg

手前の引き違い戸は押入れ収納。中段は引き出しつきで、小物が収納できるものを選びました。


1-DSCF2169.jpg

押入れの奥にあるのは仏壇スペースです。通常、仏壇スペースというとーー観音開きの建具の中に仏壇が収まり、下部は引き違い戸の収納になっているのがセオリーではないでしょうか。ですが、夫が「いかにも仏壇!というものが常に目に入るのは好ましくない」と主張し、わたしも同意したため、画像のようになりました。

行事ごとはきちんとやりたいタイプではあるものの、それほど信心深くないわが家。手を合わせる時は扉を開ける方式で、特に不便も感じていません。


1-DSCF2171.jpg

内部の壁紙は少し遊んで、いぶし銀風にしました。ちなみに、押入れの方には専用の押入れボードが張ってあります。


1-DSCF2170.jpg

上段手前には仏壇用のコンセントつきスイッチ。


壁紙のアップの画像もご参考まで。
kabe5_convert_20140922220017.jpg
左からBA5519、BA5518、BB1545(いずれもシンコール)


天井や窓枠・廻縁はダークブラウンで、建具の枠がつやあり黒、コンセント・スイッチがつやなし黒。押入れ・仏壇内の棚板は、垂直面ダークブラウン、水平面ナチュラル、巾木・廻縁が白。わたしの考えが及ばなかったり、収納内は指示忘れをしてしまったり……

入居したての頃は、細かい色味が統一されていないことが気になって「うーんこれは失敗してしまったかも」とくよくよしていました(ずぼらな癖に、些細なことが気になるタイプ)。とはいえ、収納内は常に目に入るわけでもなく、そもそも荷物に隠れてしまいます。黒とダークブラウンの棲み分けも、考えようによってはできていなくもない、ような?ーー結果、さほど違和感を覚えなくなってきました。

それよりも、お気に入りの壁紙が目に入ること、風が通って気持ちがいいことの比率が大きいです。そして、リビングから一続きで使える和室というのはやはり、とても便利です。

……と、こんなわが家の和室でした。色味のあった建具や、ウインドートリートメントが入った状態は、入居後web内覧会でご紹介しようと思います。



*****



ランキング参加中です。

次回はリビング・ダイニング内覧会の予定!
更新の励みになりますので、どうぞポチッと応援お願い致します。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 家づくりブログ
ジャンル : ライフ

【入居前web内覧会】お風呂

Category : 入居前web内覧会
昨日はわたしの検診があって外出したので、気分転換に夕ごはんは外食し、地元ショッピングセンターをひとまわりしてきました(安静生活で引きこもっているので、たまに外出すると、家に帰りたくない病を発症します)

(ちなみにショッピングセンター内は車椅子移動。ひざに1歳半の娘を抱っこして、夫に車椅子を押してもらいます。すれ違う人たちのものめずらしそうな目線にもだいぶ慣れました)。


久しぶりに本屋さんにも立ち寄り、発売されたばかりのCasa BRUTUSをパラパラ……。と、別冊に何だかやたらと素敵な家が載っているではないですか!うーんかっこいい……!こんなつくり、こんなレイアウト、わたしには思いもよらなかったなー(←プロでもないんだから当然ですw)。どこがつくってるのかな?とクレジットを見たら

ーー積水ハウスのシャーウッドでした。

シャーウッドか。シャーウッドね!
実は、大工さんに直接依頼をすると決める前は、積水ハウス or 地元建設会社を検討していたわが家。話もかなりのところまで進んでいて、住まいの夢工場見学会にも参加していたり……という経緯があるのです。

わたし「ねえねえ、この家シャーウッドだって」
夫「おおーシャーウッド。やっぱりかっこいいねー。さすがだよね」
わたし「かっこいいよねえ。それに、こんな大開口のテラスなんて、在来工法じゃできないよね」

夫「これだけの家をシャーウッドで建てるって……ウワモノだけで7~8千万円はかかるかな」
わたし「うん。それくらいはしそうだよね……」

今後、わたしがものすごーく稼いだら or 宝くじでも当てたら、老後を過ごすための平屋を積水ハウスで建てようと思います。そしたらー、大開口の窓つくってー、天井は木質天井でー、書斎と寝室はこもり感が気持ちのいいこんな感じでー……妄想が捗るなあ。



*****



さて、今日の内覧会は予告通りお風呂です。ごくごく普通のユニットバスですが、アクセントパネルの色選びなど、とても楽しんで決めました。→関連記事“お風呂を選ぶ”はこちら


メーカーはTOTO。広さは1坪ですが、通常の1坪サイズ1616よりもすこしだけ内寸法が大きい1717を入れています。

1-DSCF2077.jpg

入口ドアは開き戸。オプションなしだと折れ戸ですが、旧居が開き戸だったので、使い慣れている&掃除しやすい開き戸にしました。ドアの外側にはタオル掛け。ここにはバスマットを掛けています(使う時だけ敷いています)。ドアの右手には、暖房換気扇と照明のスイッチ。


1-DSCF2083.jpg

迷いに迷った結果、アクセントパネルは“デュエットブラウン”にしました。周辺パネルとカウンターは白、浴槽とエプロンはアクア。床は“ほっカラリ床”のタイル調ペールブルー(この床、洗面所のモザイクタイルとリンクして、はからずもいいコーディネートになりました)。

天井はH2,150mmの平天井で、照明はLEDダウンライト3灯に変更しました。シャワーはメタル調のエアインシャワー。スライドバーは設けず(旧居で活躍頻度が低かったため)シャワーハンガーを2つつけています。カウンター下には標準で収納がついていたのですが(掃除用具収納用)、それはカット。


ところで、web内覧会を拝見していると、掃除が楽になるようにと濃色アクセントパネルは避け、鏡はなし、棚もなし……というお風呂の家が多いようですね。わが家はいささか時代と逆行しているようです。

濃色アクセントパネルは、わたし自身「掃除が大変かも……」と及び腰でしたが、ショールームのアドバイザーさんが「アドバイザーでも濃い色を選ぶ人はいますよー。この間も、同僚が黒いパネルのお風呂にリフォームしていました。水平面は掃除が大変だけど、垂直面なら大丈夫です!」と断言してくださったので、信頼することにしました。

ちなみに、入居後半年以上経った現在も、きれいな状態を保てているので(お風呂上りに水滴を拭いています)心配は杞憂だったようです。

そして、縦長の鏡は「太らないためにも、自分の体の状態をきちんとチェックできる方がいい」という夫の主張から採用しました。確かに、言われてみれば普通の姿見ではなかなか自分の裸を見る機会はないしーー入浴するたびに現実を目の当たりにすることになるので、体系チェック・健康チェックに役立っています。

(補足。自転車乗りの夫は体づくりに熱心なのです。旧居のお風呂も縦長の鏡をつけていました)


1-DSCF2085.jpg

収納はガードバーつきフラット棚を2段。水栓はタッチ水栓にグレードアップ(旧居もタッチ水栓で、使い慣れていたため)。操作性は言うまでもなく、すっきりしていて見た目もいいです。

1-DSCF2089.jpg

1-DSCF2090.jpg

ちなみに、棚は取り外して洗うことができます。旧居は、よくカタログに標準として載っている半透明の棚でしたが、水キレが悪く、水垢(ウロコ汚れ)が目立って嫌だったので、なるべく水はけが良さそうなモノを!とフラット棚を選びました。


1-DSCF2087.jpg

換気扇は、これも旧居で大活躍だった暖房換気扇を。ランドリーバーもつけてもらっています。ただし、旧居(リクシル製ユニットバス)では“暖房・乾燥機能つき”換気扇だったのですが、TOTOでは乾燥機能はついておらずーー洗濯物を乾かす能力はないようです。


1-DSCF2088.jpg

風呂蓋は断熱仕様の2枚組。浴槽はFRP(ポリエステル系強化プラスチック)、浴槽内ステップがあるラウンド浴槽にしました。人工大理石にはあまり興味がなく、TOTOユニットバスの売りの一つでもあるクレイドル浴槽はショールームで試したものの、わたしには圧迫感があるようで……。わが家には小さい子どもがいるので、浴槽内ステップが大活躍しています。


1-DSCF2086.jpg

浴槽横にはメタル調の手すりを設置。邪魔かなーとも思いましたが、やはり役立っています。

また、誰に覗かれる心配もない場所なので、お風呂につかりながら外の景色を楽しめるように、窓は低い位置につけてもらいました。目に入ってくるのは空と、隣家の家庭菜園(放置されがちで、人気が少ない)でーーたまに明るい時間に入ると、とても気持ちがいいです。

その他、写真には写っていませんが、洗い場にメタル調のタオル掛けを1つつけて貰っています。


このブログにはアクセス解析をつけていますが、“TOTO モロッコミント”で検索してたどり着く方が多いようです(“モロッコミント”はアクセントパネルの名前です)。以前、わたしが「モロッコミントかわいい!」と書いたからだと思うのですが……ごめんなさい、わが家ではモロッコミントは採用していません。

webやカタログで見た時は「モロッコミント、なんてかわいいんだろう!」と思ったのですが、ショールームでサンプルを見ると、どうにもわが家にはかわいすぎるようでーー

1-DSCF1682.jpg

1-DSCF1683.jpg

迷いに迷ったのですが、夫が「チョコミント色のお風呂」をいたく気に入っていたこともあり、アクセントパネルは“デュエットブラウン”にしました。この“デュエットブラウン”よく見るとごくごく薄いブルーとオレンジ色?の模様が入っていて、なかなかきれいです。暗すぎることもなく、少しだけモダンな感じもあり、とても気に入っています。

清潔感のある白いお風呂もいいものですが、カラーリングで遊んでみてよかったなー。何より楽しいし。と、お風呂を使うたびに思うのでした。

お風呂の仕様

・TOTO サザナ HDシリーズ Pタイプ
・1717(1坪サイズ)

・ほっカラリ床 タイル調 ペールブルー
・ラウンド浴槽:FRPバス アクア(ワンプッシュ排水栓)(魔法びん浴槽)
・浴槽横I型インテリアバー
・2枚割風呂蓋(断熱仕様 浴槽背面1点留め)

・2WAYタッチ水栓(一般地仕様)
・エアインシャワー(メタル調)
・スライドバーなし(シャワーハンガー)
・フレーム付縦長ミラー(W298*H1200mm)

・平天井(H2,150mm)
・暖房換気扇(100V)
・LEDダウンライト3灯(電球色)

・スッキリドア開き戸(ホワイト)
・ドア外タオル掛け(ホワイト)

・フラット収納棚 ガードバー付(2段)
・カウンター下収納なし
・タオル掛け(メタル調)

・正面アクセントプラン:デュエットブラウン*プリエホワイト



*****



明日からわが家のお盆休みが始まります。次回の更新はお盆明けの予定。
水回りから離れて、いよいよLDK+和室へ!向かおうかと。

ランキング参加中、チョコミントのお風呂もなかなかいいじゃない!と思ってくださった方も、やっぱり鏡はいらないよねえ…と思う方も、ぜひポチッと応援お願い致します。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

テーマ : 家づくりブログ
ジャンル : ライフ

【入居前web内覧会】脱衣所

Category : 入居前web内覧会
今日の内覧会は脱衣所です。

生活感が出てしまう脱衣所と、来客も使う洗面所。この2箇所はどうしても分けたくて、でもスペースは限られているし……結局こうなりました。


1-DSCF2076.jpg

洗面所から脱衣所を眺めるの図。ゆるやかに区切られていますが、ドアはついていません(スペースの都合上、つけられなかったともいう)。来客時の目隠しに、また子どもたちが大きくなった時のために、ロールスクリーンで間仕切りをしたらどうだろう? と考えた結果、画像のようなつくりになりました。


1-DSCF2078.jpg

上部に見えるコンセントは壁掛け扇風機用。その他、洗濯機用の蛇口、ガス衣類乾燥機用のガス栓とそのためのコンセントが設置してあります。


1-DSCF2079.jpg

床には床下点検口があります。クッションフロアの色味に合う枠がなかったので、ちょっと目立ってしまいました。ここに点検口を設けるのが嫌で、パントリーに移してもらおうとしたのですが、基礎の関係でここしか無理なのだそうで。

鳥瞰2_convert_20140903115146

この基礎の鳥瞰図を見るとよくわかりますが、基礎には区切られている箇所、区切られていない箇所があります。よって、場所によっては床下点検口をつけても意味がない!ということになりかねません。たいていはわが家のように脱衣所や洗面所、もしくはパントリーに設ける家が多いと思いますが、「どうしてもここは嫌だ!」というこだわりがある場合、設計士さんに早めにお願いした方がいいと思います。

まあいいか。っていうか仕方ないよね……と妥協した箇所ではありますが、実際生活してみると、気にならなくなりました。そういう箇所って、けっこうあります。


さて、話を元に戻してーー

1-DSCF2080.jpg

窓はタテ面格子つき。トイレ~洗面所~脱衣所の窓は同じ大きさです。換気扇もついていますが、窓の外は裏山で誰に覗かれる心配もないので、真冬以外は窓から換気しています。いい風が入ってきて気持ちいいんだ。

壁掛け扇風機用のコンセントもありますが、お風呂の窓から脱衣所の窓、そして洗面所の窓へと風が通っていくので扇風機の必要が感じられず、結局設置していません。


1-DSCF2082.jpg

天井には電動式の室内物干しユニット、Panasonicのホシ姫サマをつけました。天井付け埋込み・ショートサイズ・壁付けスイッチタイプ(ホシ姫サマの使い心地は、また別の機会にレポートします)。


1-DSCF2091.jpg

ちなみに、脱衣所の照明は丸いブラケット。ホシ姫サマがあるのでダウンライトにできず、また洗濯物の邪魔にならないよう、ごくごくシンプルなものを選びました。丸いお月様が浮かんでいるようで、けっこう気に入っています。


1-DSCF2081.jpg

脱衣所から洗面所を眺めるの図。左手の壁にはホシ姫サマのスイッチと、4連のスイッチプレート(黒いラインが見えますが、あれは養生テープの印です。この時はまだ剥がしてなかった)。4連スイッチの内訳は、脱衣所の照明と換気扇、そして外構用の照明*2です。

脱衣所の仕様

・広さ:2.48㎡

・天井クロス:リリカラ LW210
・ベースクロス:リリカラ LV5606(水回り対応製品)
・床:サンゲツ クッションフロア(型番控え忘れ。ホワイトオーク調という名前だった記憶が薄っすらと)

・照明:Panasonic LEDブラケットライト(型番控え忘れ)

・室内物干しユニット:Panasonic ホシ姫サマ CWFT21SA




洗濯機も衣類乾燥機も、そして棚すら設置しておらず、地味な内覧会になってしまいました。次回は引き続き水回りを……ということで、お風呂を紹介しようと思います。



*****



実はここのところ、つわりの戻りがあって……どうにも気持ち悪かったり、食べ物の味がおかしかったりと体調が優れません。張り止めの副作用の動機息切れ、貧血症状?のクラクラもあったり。つわりだけは戦っても勝てないからなー(涙) 第一子の妊娠中もつわりには悩まされたけれど、後期つわりがなかっただけよかったのかも。つわりよりも、陣痛の方が何百倍もマシだ!とつくづく思います。

ランキング参加中です。
更新の励みになりますので、ぜひポチッとお願いします!
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

テーマ : 家づくりブログ
ジャンル : ライフ

CALENDAR
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
COUNTER
PROFILE

Author:トリコ
房総に暮らす3人+小鳥1羽の家族。家づくりの記録と、暮らしにまつわるあれこれを綴っていきます。
見晴らしのいい丘の上に、窓一面の空と山並みと暮らすギャラリーのような家をつくっています。建材会社から直接仕入れ/大工さんに直接依頼/'14年8月着工、'14年12月竣工。

NEW ENTRIES
CATEGORIES
SEARCH
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINK
QR CODE
QR
MAIL TO

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請

この人とブロともになる

ninja analyze
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。